環境」カテゴリーアーカイブ

今までの無駄な生活を改めて考えよう

GDPの増加が至上命令のように言われるが、6割の1987年の生活でも十分豊かだったと思う。

縮小社会通信第6号から
〇日本は 1 時間当たり 46.8 ドルであるが、ドイツでは 72.9 ドルである。同じ価値を生産するのに、日本はドイツの 1.5 倍働いている。無駄な仕事をやめれば、労働時間の短縮は可能である。

〇GDP が 63%の 1987 年の生活において今と何が違うのか。当時三種の神器といわれた乗用車、車、エアコンの 1987 年と 2020 年の普及率で比べてみる。乗用車は 71%から 79%、エアコンは 57%から 91%、テレビはどちらもほぼ 100%。冷蔵庫、洗濯機、掃除機など他の電化製品は 1987 年にはすでにほぼ全家庭に普及していた。なお、パソコンは、1987 年には 10%であったが、1995 年ぐらいから急激に増え始め、2010 年あたりに 70%に普及した。携帯電話は 1987 年に発売され、2003 年には 80%に普及した。スマホは 2013 年あたりで 50%であったが、2019 年には 85%になった。
すなわち、1987 年には、リモート通信、パソコン以外の基本的なものはすでに普及していた。

荒川区=エコ&スローの街を推進しよう

2018年2月議会 予算賛成討論より
そして、もう一点、最近ちょっと話題になったというか、聞いたんですが、二十三区の中でスターバックスがないのは今や荒川区だけだそうで、誇るべきときが来たなと。
 私の京都の友達は、何を言い出すかと思うと、二十三区に荒川区だけだと、すばらしい、荒川区はイタリアだと言ったんですよ。スローフードの国ですよ。スターバックスはイタリアには一店も出していない。なぜかというと、スターバックスはイタリア発のコーヒーの入れ方なんですって。だから、本家には戻れないんですよ。多国籍企業は本物には近づけない。これをもっと荒川区は誇るべきだと思いますよ。
 荒川区には、下町の昔からの喫茶店とか感じのいい喫茶店がいっぱいあるから、スターバックスなんか要らないよと。七五三通りには焙煎の機械を開発したコーヒー屋さんがありますし、区内にコーヒーの生の豆を焙煎しているところでいろんなこだわりのコーヒーがありますから、そういうことを荒川区の売りにするというのは、私、ぜひ考えていただきたいと思うんですよね。
 スローフードですよ。エコ&スローライフというのに私自身もあこがれておりますし、うちの近所にパン屋の本屋というのがあるんですよ。今、本屋がどこのまちからも消えていくときに、地域貢献として、荒川区でわざわざ本屋を開設してくれたわけです。ですから、そういう本屋を見ても、行ったら、エコとスローライフがあふれているわけです。そして、そこに若いお父さん、お母さんたちが、ここは世田谷区みたいねと言いながら、本当ですよ、私、そういう声を聞いたんですから。ここは荒川区じゃないみたい。世田谷区みたいなんていう声を発しながら、日曜日なんかすごい人ですよ。平日だってすごい人ですから。しゃれたログハウスが二棟あって、パン屋と本屋が並んでいるわけです。
 今度、また、うちのすぐ近所ですから、皆さんに協力していただいて、児童遊園のケヤキの木は残ることになりました。大きな木がほとんど残りますので、そこでまたしゃれた建物が多分できると思いますので、西日暮里二丁目はエコ&スローライフのまちとして、ぜひ活性化していただきたいと区の応援をお願いして、終わります。

隣の保育園を運営する社会福祉法人ゆうゆうに期待します

工事現場に保育士募集と「想い」が掲示してある。落ち葉と戯れる子どもの写真に、私がこのケヤキの落ち葉でやってみたかった「落ち葉プール」を思い起こした。地域の人々に保育への想いを語る法人が、今まで荒川区にあったのだろうか。ますます、社会福祉法人ゆうゆうへの期待が高まる。先日はマンション拡大理事会に参加して、マンションの生け垣をしっかり養生する方法まで教えてくれた。
「民」は一流から三流まで、「官」は二流だと思うようになった。「民」を鍛えるのは区民。それは「官」も同じ。要は区民が質を決めるということ。民間委託反対はもう、時代おくれではないだろうか…「官」に頼る時代ではもうないはずだ。

公園を廃止するなら素晴らしい保育園を!

35年間、お山公園と共に暮らしてきたサニーハイツ西日暮里の住民の総意を要望書にまとめ、区長宛に提出しました。
2017年10月25日
荒川区長 西川 太一郎 様

東京都荒川区西日暮里2-2-4
サニーハイツ西日暮里
第36期管理組合理事長 瀬野喜代

西日暮里二丁目北児童遊園及びピアホーム跡地の
  新 保 育 園 建 設 に 関 す る 要 望 書  

 荒川区が計画する標記の保育園建設に関し、サニーハイツ西日暮里(以下、当マンション)は、住民の総意として以下の通り要望します。

1.日   照
① 当マンション1階住戸の冬至の日照を完全確保すること。
② 当マンション境界から保育園建物の北側までは、最低5mの距離を確保すること。
③ 且つ当マンション境界5mから10m以内に建物を建設する場合は平屋とすること。
  (5~10m以内に2階建ての建物は建設しないこと。)

2.緑の確保
① 園庭には現存の樹木を最大限存続させること。
② 前項「1.②」に生じたスペースには、目隠しを兼ねた樹木(*)を植栽し、緑を確保する
  こと。
  (*)=当マンション2F程度の高さで、急速に高く成長しない樹木を選定し、定期的に  刈り込みなどの手入れを実施すること。樹木の選定は当マンションと協議して決定すること。

3.建物に関する要望(騒音・振動・臭気・光等)
① 保育園建物全体に防音処置を施し、全ての窓・扉には防音サッシ・ペアガラス等を
  使用し、騒音に対する万全の対策をとること。
② 保育園建物の北側には窓を設置しないこと。
③ 止むを得ず北側に窓を設置する場合、窓の数・サイズは最小限とし、全ての窓を板
 ガラス(すりガラス)・防音サッシとし、窓の外側には目隠しパネルを設置すること。
④ 保育園建物北側には、階段・廊下・通路を設置しないこと。
⑤ エアコン室外機・キュービクル等を屋上に設置する際は、高調波抑制の為、アクティブフィルター(高調波抑制装置)を設置すると共に、室外機の消音の工夫をすること。
⑥ 屋外プールには目隠し・防音パネルを設置すること。
⑦ 太陽光パネルを設置する場合は、光の照り返しが当マンションや周辺住居へ及ばない よう、最善の注意を払うこと。

⑧ 厨房を設置する場合、排気口は南側道路へ向け(当マンション側に向けない)、且つ  脱臭装置を設置すること。
⑨ 業者等の搬出入車両の駐車スペースは当マンション側(北側)には設置しないこと。  また、車道で滞留しないよう、極力設計に配慮すること。
⑩ 屋外(園庭・屋上・玄関周り)では、保育士・園児・保護者等が度を越えた大音声や金切り声を発することのないよう、近隣住民に十二分に配慮すること。
⑪ 上記以外にも、運営開始後に近隣住民から騒音・その他に関する苦情・指摘等があった
  場合には、速やかに話し合いのテーブルに就き、解決策を講じること。

4.多大な環境変化を余儀なくされる住民への配慮
①  西日暮里2丁目唯一の児童遊園を潰してまでの、今回の強引な荒川区の新保育園建設
であることを鑑み、同遊園の自然環境を最大限に存続させるよう、強く要請する。
    春にはソメイヨシノが開花し、続いて八重桜が5本も咲き誇る。初夏にはサルスベリが赤い花を付け、中型の野鳥や、時にはメジロのさえずりが聞こえ・・・。真夏になると、うるさいほどの蝉時雨が降り注ぎ、秋には紅葉が彩を添える・・・。もはや日暮里の街中には無くなってしまった、美しい四季を感じることができる、かけがえのない自然を是非残して欲しい。
②  当マンションは築36年と古く、窓は防音サッシでも複層ガラスでもない。その為、  屋外の騒音がまともに住居内に入ってくる。
一方、当マンションには高齢者・年金受給者が多い事もあり、日中在宅居住者が多く、中には病床に臥せっておられる方も見受けられる。子供達の元気な声も、150人もの園児の声が毎日長時間となると、精神的・肉体的負担は想像に難くない。待機児童ゼロをめざす区の努力は評価するが、高齢者住民にも配慮をいただき、良識と節度ある運営をお願いしたい。
③  32所帯の古く小さなマンション住民の36年間の環境を一変させる、区の案で建設する保育園である以上、せめて優れた建築家のアイディア・プランを採用し、“デザイナーズ保育園”とも言うべき、緑豊かな保育園であってほしい。更に園児達が楽しめ、且つ南側の公園を奪われた北側の当マンション住人が誇れる保育園を建設して頂きたい。
④  例えば日曜祭日の閉園日には、園庭や一階ホールを近隣住民に開放する等、“開かれた保育園”として、近隣住民との交流拠点となるよう努めてほしい。

荒川区は、本要望書記載事項を最大限に活かせる運営事業者を、責任をもって選択されるよう英断を切に希望するものである。

以上

副区長に提案しました。⑥区役所の公園の一角に保育園を!

公園配置計画は、できるだけ区民に平等になるよう実施してください。西日暮里2丁目唯一の児童遊園を廃止したのは、区の誤りだと思いますので、訴訟を検討します。

荒川公園は何平米ありますか?最近、実のなる木公園ができましたが、保育園を建てたらどうでしょうか。お山公園のように公園のない地域の公園を廃止するのではなく、大きな公園の一部に保育園を建てることのほうが、行政の正しい方針だと考えます。

瀬野喜代