おんな」カテゴリーアーカイブ

性こそ人間存在そのもの 人間の尊厳を否定する売買春

明日、1月30日、岡村発言から買春社会を考える会第七回行動
12時半渋谷リレートーク&13時半ズーム学習会を開催します。
再度の案内になりますがどうぞご参加ください。

前回の学習会がきっかけで取り寄せた文章がとても素晴らしいので、ぜひ、読んでください。厚労省課長だった浅野史郎氏が組織した懇談会の討論のまとめが厚労省にも国会図書館にも保存されていないことがわかりました。
売買春問題の深刻さを改めて考えさせられています。

婦人保護事業懇談会1992 討論のまとめ

1.売買春問題への認識
 現在一般に、売買春は個人的な自由意志による行為だと考えられています。果たして本当にそうなのでしょうか。公娼制度(国家が認可した買春)は、国際世論の批判を受けて形を変えざるを得ませんでした。政治と業者とのつながりの中で、売買春は自由意志論に根拠を置き、強くその根を張っています。性は、決して他からの強制を受けるものではなく、自らの選択と責任の下に存在し、性的関係は常に男女両性の関係によって作り出されるものです。性こそ人間存在そのものといえましょう。その性が売り買いされるのは、今なお貧困問題が基底にあり、この貧困状況そのものは生活の中で深刻化し拡大されてきています。経済成長の対極には、拝金主義が蔓延し、人々の物質的欲望を限りなく煽っています。性産業と結び付いているマスコミも人間の性を利潤追求の手段として商品化し、先導を切っているのは周知の事実です。女性の性がおとしめ道具として利用されている__当然、性を買う方の人権も傷付けられている__のに、どうしてその問題性が大きく浮かび上がってこないのでしょうか。売買春は経済的社会的文化的構造から生み出される女性差別であり、男性を含む人間の尊厳を否定するものなのに、なぜ、反人権性の構図として捉えられないのでしょうか。人間の尊厳を失うことにより、特に深く心身共に傷付き影響を受けるのは、社会の力関係の中で弱い立場に置かれる女性の側なのです。売買春は両者の人間性を確実に荒廃させ、その荒廃は絆の切れた人間関係の中で幾倍にも相乗され、人格を崩壊に導くものです。売買春の拡がりは広く男女の関係のみならず、結婚した夫と妻との関係をも歪めています。真に自由で対等な性的関係の実現のためにも、売買春は一部の特別な人たちの問題である、と片付けてはなりません。(一部抜粋)

民主主義には比例代表制を

参院改革協議会 御中                 2021年1月25日

私たちは、女性議員を増やしたいという思いを持つグループ【FB読書会「北欧を読む」】のメンバーです。
2021年1月13日から、民主主義世界一のノルウェーの選挙制度と日本の選挙制度を比較した著書『さよなら! 一強政治――徹底ルポ 小選挙区制の日本と比例代表制のノルウェー』(三井マリ子、旬報社、2020)の読書会を始めています。
同著には、立候補者が議員定数の26倍もいるノルウェー(うち女性42%)に対して日本は2.5倍(うち女性17.7%)であることや、毎回8割近い投票率のノルウェーに対して日本は過去3回とも5割代であることや、若い世代が活発に政治参画するノルウェーなど、目からうろこの内容が書かれています。
日本の政治をよくするために、ノルウェーの選挙制度を勉強したばかりの私たちにもできることがあるのではないかという点でメンバーは一致しました。
ちょうど参議院の1月18日召集の通常国会で、「一票の格差」を是正することなどを議論する「参院改革協議会」が設置されることを報道で知りました(毎日新聞、2021年1月12日)。そのような協議会が始まるなら、委員さんや事務局の方々に、この本を読んで、「民意が反映する比例代表制中心の選挙の実態」を知っていただき、議論の一助にしてもらおうということになりました。そこで、1冊進呈させていただきます。
比例代表制中心の政治にする理由は、①一票の格差是正ができる、②女性議員を増やすことができる、③投票率をUPさせることができる、④シンプルで分かり易い、⑤死に票が出ず民意が反映しやすい、ことなどです。
『さよなら! 一強政治――徹底ルポ 小選挙区制の日本と比例代表制のノルウェー』を今後の貴会のご検討にお役立ていただけますよう要望いたします。

FB読書会「北欧を読む」一同 
丹生 秀子(福岡県福岡市東区)
黒木 鞠子(福岡県福岡市南区)
長濵 真美(福岡県福岡市西区)
薄 祥子(福岡県福岡市東区)
大塚かほる(愛知県名古屋市中区)
時永 裕子(福岡県福岡市東区)
堀 久美(京都府京都市左京区)
瀬野 喜代(東京都荒川区)
三井マリ子(長野県富士見町)

王 貞月(チーフ&連絡先)

性暴力被害を訴えたら議員資格剥奪!の草津町議会

草津町議会では新井祥子議員の資格審査特別委員会が昨日開催され、新井祥子議員の資格剥奪が採択されたそうです。町長から性暴力を受けたと告発した新井議員は、性暴力の真偽が問われる裁判の日程も決まっていないのに、除名処分を受けました。県は新井議員の不服申し立てを受け、除名を撤回する決定を行いました。
それなのに、町長、議長が新井議員のリコールを求める住民投票を呼びかけるだけで異常なのに、昨日は、議員資格剥奪!!!

6日の住民投票でリコールが成立してもしなくても7日の本会議で審査委員会の議決が行われ、辞職させられることになります。

12月1日草津町議会傍聴記
 新井祥子町議が町長から性被害に遭ったと告発している草津町議会12月1日の本会議の傍聴に行った。
 草津町バスターミナルに到着。あちこちに「新井議員をリコールに!〜草津町の誇りと信頼を取り戻す」という真っ赤なポスターが貼られている。12月6日が投票日だが、こんなにポスターが貼られていてお金をかけているなと思ったら、新井祥子議員の解職を求める会代表は議長。町長やホテルの経営者などが多い町議が呼びかけ人の住民投票なのである。金井利之東大教授(自治体行政学)は「リコールの活動をしたいのであれば議員を辞職して一般有権者の立場に戻ってからすべき」「リコールの乱用」と朝日新聞群馬県版で語っている。
 バスターミナル隣の立派な町役場の4階が町議会。敷地に入ったら今度は「許可なく撮影・録音禁止」のポスターが至る所にあり、傍聴席に着く前までに、20枚ほど見かけた。議場での撮影も断られてしまった。
 「第三回資格審査特別委員会 委員長報告」が始まり、新井議員は地方自治法117条の規定(本人家族等に関する議事に関与することはできない)により退場した。
 新井議員が草津町に居住実態があるかどうか、水道、電気、灯油、近隣の聞き取り、銀行口座の移動、賃貸契約などを調べる委員会だという。委員長報告に対し議員からの質問があり、ほとんど町長が答弁した後、継続審議が了承された。議長は質疑なのか討論なのかを議員には厳しく問い詰めていたが、町長の発言には寛容で、延々と町長が「演説」を続ける議事進行に驚いた。
 休憩時間に新井議員に内容を伝えたら「事実と違います」と言う。さらに、何が語られてたかもわからないと言う。荒川区議会なら、控室のスピーカーで聞くことができるのだが、草津にはその設備がなく、事務局から伝えられることもないらしい。
 ①退席した時の議論の内容を本人に伝えなくていいの?
 ②議事録に記載されたら事実のように認定されてしまい、本人に不利になるのではないか?
 ③居住実態というけれど、家族は別の自治体にいて、荒川区議会に通勤している議員もいると聞いている。議員には居住要件があるが、首長にはない。これも不思議・・・
 様々な疑問が湧いてくる。調査報告は後日とさせていただき、とりあえずの報告です。

三井マリ子さんのフェミニュース
https://frihet.exblog.jp/31852958/

岡村発言から買春社会を考える会次回リレートーク&学習会のお知らせ

2020年4月23日の岡村発言を私たちは忘れない。
次回渋谷行動は12月19日土曜日12時半からハチ公前リレートーク、13時半から渋谷勤労福祉会館第3会議室で以下のテーマの学習会を行います。どうぞご参加ください。
①性産業をめぐる北欧モデルと合法化モデル 森田成也
②「婦人保護事業から女性支援法へ_困難に直面する女性を支える」(戒能民江 堀千鶴子著)を読んで 増田都子

 岡村発言(貧困女子が風俗で働くのを金を貯めて待とう)は4月23日。このような問題発言が公共のラジオで語られ、しかも、笑い声の中で収録され、擁護する有名人も多かった。日本は女が金に困ったら性を売るのが当たり前の男尊女卑社会なのだと、思い知らされて本当に情けなかった。
 私たちは、6月から渋谷駅頭でリレートークを行い、9月からはリレートーク終了後、次のような学習会を開催してきた。

9月12日
①性と政治 元荒川区議 瀬野喜代
②NHKと女達の闘い 元所沢市議 中嶋里美
③オーストラリアの合法買春状況とメデイアの沈黙その1
     オーストラリアRM IT工科大学教員キャロライン ノーマ
④売春防止法を初めて読みました 東京都学校ユニオン委員長 増田都子
⑤私がポルノと買春に反対する理由 ポルノ・買春問題研究会 森田成也

10月17日
①売買春が合法化されて誰が得をするのか 森田成也
② オーストラリアの合法買春状況とメデイアの沈黙その2 キャロライン ノーマ
③買春禁止法に向かったノルウェーの政治 元都議 三井マリ子

 普段、私を含め多くの女性たちは性を売ってお金を稼ぐことを意識せずに生活している。東京23区の中で自主財源比率が一番低い区である荒川区で20年間区議として過ごした私だが、関連する相談を受けたことはなかった。唯一、駅前でよく見かける風俗の送迎車を締め出すことはできないのかと数年前に男性からの苦情を受けただけである。日本は風俗営業法のもと、実質的に買春を合法化していると言われている。
 風俗で働くシングルマザー、保育介護職や知的障害のある女性たちが話題になり、神待ち少女やJKビジネスという言葉で女子高生を買う男たちの実態が問題視されている。大阪2児置き去り死亡事件をきっかけに風俗嬢の相談や転職支援に取り組む一般社団法人GrowAsPeopleは荒川区を拠点に活動している。
 風俗店が貧困女子の相談窓口であり、支援者でもある一面を見逃してはならない。お金がなく、居場所もなくて性産業に入る場合が多く、福祉の貧困による人権侵害なのに、「セックスワーカー」とか労働権の保障とかいう議論がされていることを不思議に思う。性産業従事者は「セックスワーカー」と呼ばれて幸せなのだろうか?
 学費が保障され、生活が保障され、居場所が保障されれば、性の奉仕でお金を稼ぐ男女は激減するだろう。買春が合法化されたオーストラリアやドイツでは性産業は巨大化し、移住労働者が搾取されている。買春禁止は性産業をさらに把握しにくくするとよく言われるが、性産業を居場所とする人々を「セックスワーカー」と呼び、労働者と位置付ける合法化によって、暴力や麻薬の危険は増大し、行政の性産業従事者への就学就労支援が不要となり、性産業が巨大化し、商店街にも店があり看板がある街ができたという。
 私は中学生の就労体験の場や学校で仕事内容を話してくれる労働者を紹介してくれと時々依頼を受けるが、性産業が普通の労働であるなら、そこに加わることになるのだろうか?
 日本は幼児の性虐待を防ぐ予防教育が遅れていて、ようやく、「水着をつける部分はあなた自身の大切なものよ」と教える幼児期からの性教育が始まろうとしている。この、自分の尊厳を守れと教えることと風俗でお金を稼げば良いとすることは矛盾すると思う。
 非正規雇用の7割を女性が占め、正社員で働いても昇進しない女性が多く、保育介護職など女性の多い職場がとりわけ低賃金の日本では男女の所得格差はあまりにも大きい。その結果、年金も低額となり、高齢女性の貧困問題は深刻である。性産業に従事した女性は転職が難しく、高齢期の貧困に直結する。

 2020年4月23日の岡村発言は日本社会の現状を炙り出した。日本新聞協会も日本民間放送連盟も女性役員はゼロ。テレビもラジオも新聞も男社会であるからこそ岡村発言は許され、忘れ去られていく。
 でも、私たちは忘れない。次回渋谷行動は12月19日土曜日12時半からハチ公前リレートーク、13時半から渋谷勤労福祉会館第3会議室で以下のテーマの学習会を行います。どうぞご参加ください。
①性産業をめぐる北欧モデルと合法化モデル 森田成也
②「婦人保護事業から女性支援法へ_困難に直面する女性を支える」(戒能民江 堀千鶴子著)を読んで 増田都子

岡村発言から買春社会を考える会 瀬野喜代

富山知事には女性を!川ぶち映子さん

走るスーパーボランテイアかわぶち映子さん がんばれ!

10月25日投票の富山県知事選挙に女性が立候補している。

全国フェミニスト議員連盟で女性議員を増やす活動を続ける富山県の山下清子さん(シャキットとやま)から情報を知って、富山まで出かけて行った。

川渕映子さん(71歳)、元保育士。1974年20代で訪問したベトナムを96年再訪。昼は物乞いをし夜は路上で寝る子どもたちを見て、何かしなければと富山で「アジア子どもの夢」を立ち上げた。リサイクルや手作り品販売、募金・・・で資金を調達して救援物資を運んだ。教育施設まで作った。

東北大震災の時には「東北エイド」(エイド=救済)を立ち上げ、数え切れないくらい南三陸、石巻などに通った。今も全国の被災地を回っている。こうしたボランテイアを続けながら、政治こそが大事だと、様々な選挙にも関わってきた。

「スーパーボランテイア」という称号がまさにぴったりだ。陸上選手だったという言葉通り、宣伝カーの上から降りて走っては、辻演説に集まる人たちのそばに駆け寄る。その姿はまるで20代。どこででもすぐ眠れるというボランティアで鍛えた体力もある。

富山県社会福祉協議会やYMCAの評議員を務め、2016年自由党民主党社民党共産党が連携して「オールとやま県民連合」を結成し衆議院選挙で女性候補者を出した時には共同代表をつとめた。富山の有名人なのである。

今回の富山県知事選は、5期目を目指す官僚出身の現職に対し、維新の推薦を受けた会社元社長の新人という男性2人の保守分裂に、革新系の女性(かわぶちさん)という3人の闘いである。

川渕映子さんは、「困っていること 嘆けば愚痴 動けば政治」を掲げて、行動力とつなぐ力のある女性知事の誕生をと訴えている。

コロナ対策では、世界の女性リーダー(ドイツ、台湾、フィンランド、ニュージーランドなど)の決断力、行動力がメディアで報道され、素晴らしい女性リーダーの時代到来に私は拍手した。富山の女たちは1918年米騒動に立ち上がり、全国に波及、内閣は辞職した。その気運は脈々と繋がって現代に至る。少子高齢社会ウィズコロナの今こそ、女性運動の歴史ある富山で女性知事の誕生を待ちたい。

(富山県知事女性候補としては72年前第2回知事選挙で僧侶の鞍馬可寿子さんが立候補している)