障がいのある人と共に」カテゴリーアーカイブ

共に生きるまちづくりは共に学ぶ教育から

080630_0900~01.JPG ハンゲショウ(半夏生) 1枚の白い葉
 29日、西東京市で開催されたシンポジウム「障害をもつ子どもの学校生活を考える」に参加した。講演は、ひがしまつやま市総合福祉エリア施設長の曽根さん。市長が音頭をとって、こどもの進学先を振り分けている「障害児就学指導委員会」を廃止した松山市の取り組みをうかがった。教育委員会の反発はすごかったという。教育分野での取り組みはこれからとお見受けしたが、乳幼児から就労、親亡き後のグループホームまでの、地域で障がい者が生きるための支援は、かなりすすんでいるようだ。
 主催の障害をもつ子どもの学校生活を考える会のシンポジウムは昨年始まって、3回目。前回の、普通学級での障がい児教育の実践を(30年以上)経験されてきた3人の教員のお話の記録は、とても説得力があり、一気に読んで、感動した。
 (28日に勉強した)「同一価値労働同一賃金」も、「統合教育」も、先進国では主流の考え方。なぜ、日本は遅れをとるのかと残念でならない。
 障がいがあってもなくても、女でも男でも、差別のない社会をめざしたい、。

20歳の死を悼む

070921_0833~0001.jpg 水引草の白い花
 パン工房フリージアで働いていた20歳の女性が亡くなった。区役所や社会福祉協議会前でのパンの販売が「とても楽しい」と言っていた。ニュース「フリージア号」第1号は彼女がパソコンを習い、作ってくれたものである。その中で、彼女は語っている。
 「私は2才から入院生活を繰り返していました。そのためあまり学校に行けませんでした。」
 「人は決してあきらめない限りがんばった分だけ思いが届きます。私は今、命を助けてくれた看護婦さん医者にありがとうという思いで一杯です。今お世話になっている人達に感謝の心を忘れずに生きていこうと思います。最後に人は一人で生きていけません。今の社会はあまり良くないニュースで一杯です。私はそんなくだらない事をしているんだったら困って居る人に手を差し伸べてあげてください。」
 「私はこれからも仕事をがんばります。みなさんぜひ一度食べに来てください。」
 フリージアで初めて仕事をし、社会に触れ、給料をもらって喜んでいた彼女。かれんな水引草の咲いている時に、曼珠沙華がまもなく咲こうという時に、あまりにも早く逝ってしまった彼女の言葉を心に刻みたい。ご冥福をお祈りします。
水引草の赤い花、曼珠沙華のつぼみ070922_0850~0001.jpg
  

アゼリア4周年

 精神障がい者生活支援センターアゼリア開設4周年を祝うイベントに参加した。登録者が600人を超え、確実に地域に浸透しているようだ。精神障害者保健福祉手帳の交付数が716(今年度区政概要)なので、「かなりの人が知っている」心強いセンターなのだろう。地域に開かれた施設として運営されていて、「区報で知って来てみたら、職員さんがみな穏やかでゆったりと時間が過ごせる」とおっしゃる参加者の方もおられた。ボランティアや家族会のお手伝いが多く、絡みもち(あんこ・きなこ・ごま・大根おろしと取り揃えてあっておいしかった)と豚汁(これまたおいしかった)をご馳走になった。
支援センターアゼリアHP(社会福祉法人トラムあらかわHPもご覧ください) 
www006.upp.so-net.ne.jp/tram/azalea/index.html
お立ち寄りの際には、ぜひ、第2ひまわり作業所製のクッキーをお買い求めください。いろいろ種類がありますが、私はなんと言ってもジンジャークッキーが好き。
070106_1221~0001.jpg
竹台高校吹奏楽部の皆さんが、演奏を披露してくれた。ありがとう。高校生っていいね!!会場は満席。

おぐのあかり

 重度身体障がい者グループホーム「おぐのあかり」の開所式が22日に行われた。NPO法人あふネットの運営で、男性2人女性3人の個室と共同スペース(2・3階)と様々な人たちの立ち寄れるたまり場(1階)が1月にスタートする。親の高齢化で介護が大変な苦労となり、親亡き後も住み慣れた地域で暮らしたいという熱意が輪を広げ、土地代4000万円+建設費7000万円を、都から2100万円(予定)の補助金以外は、関係者や銀行からの借り入れで実現した。
 区長・議長・都議からのご挨拶の中でも、「親の願いが実現させた快挙である」「福祉分野のベンチャー企業としてがんばってほしい」と絶賛されたNPOあふネットであったが、本当に、今後に期待したい。あふネットが地域を照らす「あかり」になりたいとの想いでの命名である。
 当事者の意見が尊重され、親達の声も届く、居心地のよい場所となりますように・・・。
 一村一品マーケットで買ったインドのショールを手話で説明したのは、おぐのあかりのパーティーで。聴覚障害者が手話の先生なってここで教室を開くという。交流の輪が広がるのが楽しみだ。

私だけのかばん

60328 061.jpg
 
 社会福祉法人荒川のぞみの会の作業所ボンエルフ(知的障害者小規模通所授産施設)で、かばんを作ってもらった。A4サイズの書類が入るようなショルダーバッグを注文した。お値段なんと1800円!!安い!!
 おおきいポケットにはマジックテープが付けられているし、内側には仕切りが付いているので、とても使いやすい。
 ポケットのスウェーデン刺繍は、ヒロくんが時間をかけて刺してくれたもので、先日、ヒロくんに会ったとき、「これ、ヒロくんが刺してくれた刺繍だよね」と言ったら、とても喜んでくれた。私も嬉しかった。
 是非、皆さんも、世界に唯一つのかばんを持ちませんか。お勧めです。ご注文は、作業所ボンエルフ 3806-9424へどうぞ。
 10代の頃は布製のかばんを自分で縫って、よく持ち歩いた。もう、自分で縫う気力はないけれど、手づくりの良さは、最高である。