障がい者の居場所として性売買はあり???

障がい者の居場所として性売買はありだという講演を主宰した松江市、障害者基幹相談支援センター受託団体とは電話で議論して、一応、理解してもらえました。事前に把握できなかった、その場での対応が欲しかった、障碍者が性産業に絡め取られている現実を考慮してほしい、知的障碍者の恋愛や結婚について研修を行うなら、先駆的な支援を実践している団体を呼んだらいい等々。
あとは、島根大学にどんなメールを送るか、思案中。学問の自由とはいえ、差別固定を許すのか…論文を出すときに、誰も何も言わないのか…研究者の世界で指摘するべきことだと思います。 

以下、新聞社に質問状をだしましたが、答えてもらえませんでした。

山陰中央新報さま
私たち、買春社会を考える会は、買春(カイシュン=カネで他人の性を買う行為)は性暴力であり人権侵害であると考えて、研鑽を続けてきた市民運動団体です。
昨年8月15日の「知的障害者の恋愛や結婚」と題する記事の中で、

ーー知的障害のある女性の性被害に関する調査は日本にはない。性被害の概念を伝えること自体難しいからだ。性産業従事者が「店から稼ぎ手として大事にされている」「買春産業なら相手にしてもらえる」と誇りや居場所を感じる場合もある。
私には性被害だと思えず、性産業を否定できないと思った。ーー

と講演者の発言内容を報じておられることについての見解を伺いたいと思います。

多くの知的あるいは精神障碍者やグレーゾーンとされる方々が性産業で収入を得ておられることは広く知られています。それは性産業業者が囲い込み、搾取している結果であり、男尊女卑の、福祉が貧困な日本社会ゆえの問題ではないでしょうか?
島根大学の研究者が囲い込みあるいはグルーミングの要因を指摘せずに、「居場所を感じる」と肯定的に論じるというのは誠にお粗末な無理解だと思います。売春防止法は女性だけを罰する等、女性差別の大きな問題点はありますが、根幹に売買春は女性の『人としての尊厳を害』する人権侵害とし、違法としています。
貴社は
⑴この講師の発言は売春防止法の趣旨に反するものであるという認識はおありですか?
⑵どのようにこの講演を受け止めて、この記事を書かれたのでしょうか。
⑶その後、この記事がもたらすであろう、
「居場所にしている人がいるから、知的障碍者が性売買をすることを肯定すればいいと考えることが許される」という誤解を解くような記事を掲載されたのでしょうか?
以上3点についての見解をお示しください。
恐れ入りますが、買春社会をを考える会himiko.pro20@gmail.com 宛に、2月末日までにメールでお答えください。

買春社会を考える会;体を売らなくても暮らせる社会を❣️ 
https://www.facebook.com/profile.php?id=100066608509091

知的障碍者の恋愛、結婚がテーマのトンデモ研修

島根大の研究者が松江市の民生委員さんたちへの、知的障碍者の恋愛、結婚がテーマの研修で
ーー知的障害のある女性の性被害に関する調査は日本にはない。性被害の概念を伝えること自体難しいからだ。性産業従事者が「店から稼ぎ手として大事にされている」「買春産業なら相手にしてもらえる」と誇りや居場所を感じる場合もある。
私には性被害だと思えず、性産業を否定できないと思った。ーー

と講演したという山陰中央新報記事(2023.8.15)に驚いた。
性産業で収入を得ている知的や精神の障がい者が多い現実は差別の結果であり支援が不足している結果だと思う。この研究者は、居場所になっているから性産業はいいんだとしている??そりゃあ、言論の自由ではありますが、業者が障害を利用して囲い込み、騙していると分析しない研究って何をしているのだろう???
民生委員に講演を聞かせた松江市は公的機関であるのに💢
電話してみたら、松江市障害者福祉課は主催した基幹相談センターを受託している事業所に聞いてくれと言うし…
センターは性産業に関わる相談はないので考えなかったとのこと…
性産業で搾取されている人々のことを全く考えていないことがよくわかった…
(電話調査の続きは後日報告)

ボッチャの佐藤駿さんを応援しよう!

今週末、墨田区総合体育館でポッチャ日本選手権大会があり、南千住在住 佐藤駿さんが出場します。荒川区立峡田、三中卒。区民応援団に参加してください。日程は18日に決定。
目指せ、パラリンピック出場‼️

生存学の立岩真也さんを偲ぶ

1月27日に「立岩真也さん追悼集会 生きて在るを学ぶ」が呼びかけられている。生きていることそれだけで価値があると生存学を提唱した立命館教授。62歳は早すぎる・・・
2019年12月19日、猪野千代子さんの資料を渡すために高岩さんに会い、インタビューを受けた。小6学習塾から高校まで一緒の同級生と三人でおしゃべりをした。三人とも同い年の子どもがいて話が弾んだ。
その時、スモン被害者古賀照男さんの資料も欲しいと言われ、郵送した。
そんなことを思い出して古賀さんを検索したら、今はもうみることができない私のHPの文章が出てきたので、コピーさせてもらった。

「古賀さんの遺志を明日へ」
 2004年10月17日記
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~senokiyo/chotto/041017.htm
 *以下全文を引用
 「薬害スモン患者でただ一人、最高裁まで争った、古賀照男さんを語る会に参加した。病に冒され、家族との関係もある、辛い状況の中で、スモン患者はほとんど製薬会社との和解の道を選んだ。
 古賀さんは、田辺製薬が「下痢止め薬キノフォルムはスモンの原因ではないが人道的見地から和解に応じる」とした態度を絶対に許せないと判決の道を選んだ。結果は、「古賀さんがスモンであるかどうか疑わしいため」敗訴。見せしめ的判決であった。
 古賀さんは、全国の公害や薬害の闘いの支援者として各地を回っていた。長靴と杖、そして古びたゼッケンがトレードマークだった。製薬会社・厚生省・裁判所に対して果敢に闘っていた。いつも辛口で私たちを励ましてくれていた。
 司会者からも古賀さんの遺志をついで、それそれが今取り組んでいることを話そうと呼びかけがあった。わが人生の師としての古賀さんの闘い続けた半生を思うと目頭が熱くなる。
 その後、荒川河川敷のおそうじに参加した。「ごみをこんなところに捨てるなよ!!」と言いたくなるマナーの悪さ。荒川クリーンエイドという、荒川上流から下流まで50箇所での取り組みである。
 荒川クリーンエイドホームページhttp://www.cleanaid.jp/
 さて、荒川区政のおそうじにも、取り組まねば・・・。

ふれあい館は日曜日も子どもだけで遊べる居場所にしてください

昨日、冒険遊び場の子どもたちに東京都のアンケート調査員が聞き取りをしていた。こどもの遊び場についてこども自身の声を聞きたいとのこと。<自分の責任で自由に遊ぶ ケガと弁当は自分もち>の冒険遊び場を2009年に西日暮里公園に毎月第二日曜10−15時開設して14年目。色々課題はあるけれど、自主性を伸ばす居場所として子どもたちから喜ばれていると思う。
15時に片付けた後、次はどこに行く?と迷っている2年生と話していて、ふれあい館を知らないというので西日暮里ふれあい館に連れて行ったら、日曜日は子どもだけでは遊べないという。
その後、谷中の駄菓子屋さんまで連れて行ってもらって、1万歩超えになったところでさよならして近所のひぐらしふれあい館で聞いてみたら、小学生だけでOKだという。先日の尾久ふれあい館は日曜日は高校生まで要保護者と言われて、区と話し合い、改善されたはず。日曜でも小学生だけで行ける場所としてふれあい館は居場所機能を果たすべきだと思う。